暑かった日
2009/06/28(Sun)
この数日6月では記録的な暑さが続いています。
今日もあまりに暑いので、少し涼しくなった夕方5時近くになってから、
盛岡市内の高松の池をひと巡りしてきました。

                                ※画像をクリックすると大きな画像が見られます。


  暑い日
2009.6.28高松の池 014(9)


  カモの夫婦?も一休み
2009.6.28高松の池 050(9)


  丸い花の行列 (バラ園にて)
2009.6.28高松の池 071


  花びら
2009.6.28高松の池 085(10)


  バラの葉
2009.6.28高松の池 101


  見つめる (少女の像)
2009.6.28高松の池 122(9)


  running
2009.6.28高松の池 150(9)
 
  (09.6.28 盛岡市・高松の池)

暑さにすっかり参って、日がな家でごろごろしてました。 
ようやく涼しくなってきた夕方、アジサイの様子見がてら高松の池を一周してきました。
花たちと一部の人間は生き生きと元気な様子でした。(ウラヤマシイ!)   budori
この記事のURL | 高松の池 | CM(6) | TB(0) | ▲ top
花の山、三ツ石
2009/06/23(Tue)
梅雨空が午前は一時晴れる、という天気予報を信じて、岩手山をバックに咲く
チングルマの可憐な姿を頭に描いて、三ツ石山に出かけました。
早朝は濃霧。天気予報は本当?と思いつつ、タケノコ取りのおばさんたちと一緒に
奥産道を歩きました。

                                ※画像をクリックすると大きな画像が見られます。


  登山道はシラネアオイが旬でした。
2009.6.20三ツ石山 039(10)

 (チョットいびつ↓)
2009.6.20三ツ石山 030(10)


  三ツ石山荘から三ツ石山を望む。すでに霧は晴れ青空が見えました。
2009.6.20三ツ石山 107(10)


  大松倉山の原生林の向こうに岩手山が見えてきました。
2009.6.20三ツ石山 119(10)


  無理やり岩手山をバックに入れましたが・・・。笹が邪魔。
2009.6.20三ツ石山 131(10)


  頂上はまだか・・・
2009.6.20三ツ石山 139


  山頂近く、乳頭、秋駒、笊森、三角山が雲海に浮かんでいます。
2009.6.20三ツ石山 142(10)


  今年も三ツ石のチングルマに会うことができました。バックに岩手山も見えて感激!
2009.6.20三ツ石山 146(10)

  (09.6.23 雫石町 三ツ石山)

山の花が最も美しいのは、6月下旬から7月上旬の梅雨の真っ只中。しかもほんの1か月足らずの短い期間です。
なかなか人の思うにまかせないところがまたその美しさを感じる所以なのでしょうか・・・。
  budori
この記事のURL | 三ツ石山 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
花園の高原
2009/06/18(Thu)
雨が降ったり陽が射したり、めまぐるしく天気が変わるこの日、
早坂高原は、長い冬から一気に目覚めたようにたくさんの花たちが咲き乱れていました。
まさに「花園」という形容がぴったりでした。

                                ※画像をクリックすると大きな画像が見られます。


  白樺のひろば
2009.6.13早坂高原 181


2009.6.13早坂高原 009


  朱が映えて
2009.6.13早坂高原 025


  ツツジ咲く丘
2009.6.13早坂高原 390


  アヤメ初々しく
2009.6.13早坂高原 378


  黄色いお花畑 (キンポウゲ)
2009.6.13早坂高原 203


  日差しを浴びて (アズマギク)
2009.6.13早坂高原 415


  可憐 (スズラン)
2009.6.13早坂高原 085


  ピンクの装い (ベニバナイチヤクソウ)
2009.6.13早坂高原 049


  綿毛ふうわりと
2009.6.13早坂高原 282

  (09.6.13 岩泉町 早坂高原)

早坂トンネルができて、早坂高原に寄る観光客がめっきり減ったような感じです。
こんな百花繚乱の花園を独り占めするのは、贅沢でもありモッタイナイ!という気がしました。
花風景もよし、花のアップもよし、早坂の「花の初夏」を堪能しました。     budori
この記事のURL | 高原・湿原 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
霧の安比高原(その2)
2009/06/15(Mon)
中のまきば、奥のまきばを回って、ブナ林に入ってみました。
葉が一段と色濃くなったブナ林は、うっすらと霧が包み込んでいました。
ホテル近くの林では、マイヅルソウの群落が今年も可憐な姿を見せてくれました。

                                ※画像をクリックすると大きな画像が見られます。


  うっすらと霧が包む
2009.6.7安比 146


  ブナの若葉も霧に濡れて
2009.6.7安比 170


  見事なマイヅルソウ群落
2009.6.7安比 281


2009.6.7安比 288


  開拓農家の畑にも霧が舞い上がる
2009.6.7安比 300

  (09.6.7 安比高原)

この日は、優しい安比を満喫することができました。
ワラビを取れなかったのがチョット残念!(笑) 
   budori




この記事のURL | 安比高原 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
霧の安比高原
2009/06/14(Sun)
この日も盛岡は朝から雨。
でも、安比は霧かも・・・と思い直して安比高原へ。
期待どおり安比高原は霧に包まれていて、いつもと違う幻想的な景色を見せてくれました。

                                ※画像をクリックすると大きな画像がみられます。


  湖面を打つ雨
2009.6.7安比 018


  ペアのダケカンバ
2009.6.7安比 024


  ツツジは今が旬
2009.6.7安比 027


  霧に濡れて
2009.6.7安比 053


2009.6.7安比 056


  見慣れた木もこの日は幻想的
2009.6.7安比 111


2009.6.7安比 124


  静寂
2009.6.7安比 196


  どこまでも深い霧
2009.6.7安比 230

  (09.6.7 安比高原)

霧に包まれた安比高原も魅力のひとつですね。
景色は良かったのですが、カメラが濡れるのを防ぐのと、レンズについた水滴を拭くのが大変でした・・・。
この続きがあります。    budori
この記事のURL | 高原・湿原 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
いのちの森
2009/06/10(Wed)
中の又渓谷の少し南に立又渓谷があります。
森の中を歩いてみると、中の又沢とはまた違って、うっそうとしたブナ林の中に、
様々な種類の木や野草が生えて息づき、さながら「いのちの森」という感じがしました。

                                ※画像をクリックすると大きな画像がみられます。


  太いブナ原生林が続く
2009.6.6安の滝、一の滝 338


  道の真ん中に草木のかたまり (ズダヤクシュ、カタバミ、シダ類)
2009.6.6安の滝、一の滝 389


  ブナの倒木はコケむして
2009.6.6安の滝、一の滝 333


  オオカメノキ?の可愛い新葉
2009.6.6安の滝、一の滝 311


  ハートがいっぱい (カタバミ)
2009.6.6安の滝、一の滝 375


  沢の岩にもコケが
2009.6.6安の滝、一の滝 359


  大きなおなか
2009.6.6安の滝、一の滝 345


  大地をしっかりつかむ
2009.6.6安の滝、一の滝 352


  一の滝に到着 (意外に大きい!)
2009.6.6安の滝、一の滝 303

  (09.6.6 秋田・立又渓谷)

うっそうとした原生林といろいろな種類の木(葉)と野草、変化に富んだ流れの沢がある立又渓谷は、いくら時間がたっても飽きませんでした。
秋には美しい紅葉が見られそうです。   budori
この記事のURL | 河川・渓谷・滝 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
中の又渓谷と安の滝(その2)
2009/06/08(Mon)
渓谷入口から小1時間で安の滝に着きます。(途中道草を食いながらなので、実際はもっとかかりました。)
圧倒的な高さと水量、それでいてさまざまな岩の形に沿った繊細な水の流れがこの滝の人気の理由なのかもしれません。

                                ※画像をクリックすると大きな画像がみられます。


  仰ぎ見る高さに圧倒される
2009.6.6安の滝、一の滝 120(800-9)


  すだれのような繊細な流れ
2009.6.6安の滝、一の滝 162(800-9)


  ツツジが彩りを添えるのも近い
2009.6.6安の滝、一の滝 140(800-9)


  滝の流れの裏側に可愛いコケ棚が
2009.6.6安の滝、一の滝 214(800-9)


  滝壷の下流にはシラネアオイが数輪
2009.6.6安の滝、一の滝 294(800-9)


  沢の中に立つ大きなブナの木
2009.6.6安の滝、一の滝 087(800-9)


  雨の滴が見送ってくれました
2009.6.6安の滝、一の滝 070(800-9)

  (09.6.6 中の又渓谷と安の滝)

朝8時半過ぎから歩き始めて帰りまで、ほかには3人しか出会いませんでした。
雨の渓谷は雨の時なりの優しい表情を見せてくれました。        budori




この記事のURL | 河川・渓谷・滝 | CM(4) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ