夜明けの一本桜
2010/05/09(Sun)
夜明けの一本桜は、
雲間から差し込む朝日を浴びて神々しく輝いていました。


2010.5.9小岩井 200


2010.5.9小岩井 133-2



2010.5.9小岩井 112



2010.5.9小岩井 179



2010.5.9小岩井 187



2010.5.9小岩井 156


  (10.5.9 雫石町・小岩井農場)


小岩井の一本桜が満開というニュースにあわてて早朝に出かけました。
あいにく時々雨の天候で、バックに岩手山は見えませんでしたが、
雲間から差してきた朝日の光を浴びた一本桜は、黒い雲を背景に
神々しささえ感じられる姿を見せてくれました。
   budori



この記事のURL | 一本桜 | CM(18) | TB(0) | ▲ top
<<目覚めの森 | メイン | カタクリ>>
コメント
-  -
こんにちは!
なんともう散ったかなと思いましたが,一本桜咲いているんですね!!
そして本当に陽光に照らされた桜がかっこいいです!
人だかりでみんな同じようなのしか撮れないかなぁと敬遠してましたが,明日の朝行ってみようかなぁ・・・。
2010/05/09 18:39  | URL | Kat #-[ 編集] ▲ top
- こんばんは。 -
スポットライトを浴びているよな感じで
バックが灰色の雲で暗い分だけ
映えますね。
これはいいですね。
下の緑の草もじつに鮮やかでいいです。

岩手山は見えませんけれど、
おかげというか、
一本桜だけの舞台となりましたね。
2010/05/09 20:43  | URL | ウシポニ #-[ 編集] ▲ top
-  -
i-265 Katさん、今晩は^^

開花予想だと11日あたりが満開と聞いていたので油断しました・・・(笑)
最近カメラマンがやけに多く場所取りが大変なのでおっくうな感じでしたが、
やはりこの桜の魅力には負けますね。
岩手山は見えないし、かなり待っても日が差さないので半分あきらめかけたのですけど、
一瞬サーッと日が差してくれて、とてもキレイでしたよ。
明日は月曜なので、あまり混まないと思うので、チャンスですよ!
2010/05/09 21:38  | URL | budori #-[ 編集] ▲ top
-  -
i-265 ウシポニさん、今晩は^^

ほんとは岩手山をバックに朝日が横から当たってピンクに輝く一本桜・・・
を想定して出かけたのですが、そううまくは行きませんよね。
でも一瞬雲間からスポットライトみたいに光線が当たって、とてもキレイでしたよ。
ホントに岩手山という共演者がいない分、「一本桜の一人舞台」でした!♪
(ウシポニさん、表現がとても上手ですね!)

でもあのカメラマンの多さはなんとかならんかなー!
自分もその一人ですが(笑)
2010/05/09 21:46  | URL | budori #-[ 編集] ▲ top
- 嵐? -
雲の色と大地の緑!!!
この色合い何とも言えないです、

一本の桜に物語が凝縮されている感じで
神秘的な風景ですね。
2010/05/09 23:44  | URL | どっと #NJsiWxd2[ 編集] ▲ top
-  -
実はリンク先のお友達の所で1本桜が咲いている写真を昨日見たので、
budoriのお写真も楽しみにしてましたーーー。
やっぱりステキです。地面がもうこんなに新緑色に変わっていたのですね~。

岩手山は見えませんが、その分すごく桜が引き立って
私は逆に、とってもいいように感じます~♪
ちなみにお写真だけだと、とっても静かな雰囲気を感じるのですが
実際はカメラマンさん達ですごいのですか?
ぜひ、今度人間達の様子も見せていただけると嬉しいです。(*^m^*)
2010/05/10 00:19  | URL | yuki #mQop/nM.[ 編集] ▲ top
- こんばんは^^ -
もうすでに満開だったのですねぇ。
遅れをとってしましました(笑)
3、6枚目、フレームいっぱいの迫力ある
雰囲気が好きです^^
桜を包み込むように広がる緑もいいですね。
早速今日にでも行ってみようと思います♪

2010/05/10 02:08  | URL | big-13 #-[ 編集] ▲ top
- 一本 -
budoriさんお早うございます。
満開の一本桜すばらしいですね。
かなりの人で撮影大変だったと思われます。
今日のローカル紙でbudori さんが以前撮影した夜の一本桜と同様の写真が掲載されていましたね、ぐるぐるが昨夜はかなりよかった様ですね。
やはりかなりの方が撮影に訪れていたと報道されていました。
又お願いします。
2010/05/10 06:09  | URL | hiro #-[ 編集] ▲ top
-  -
桜に当たってる光が神秘的ですね!
このような一本桜は見たことがないです。
岩手山が出てなくてもいい一本桜が撮れましたね。
明日から天気が崩れるみたいなので、
今年は終わりかな?
2010/05/10 20:44  | URL | 吉村 #TCKBgOYw[ 編集] ▲ top
-  -
i-265 どっとさん、今晩は^^

ほんとにあとで見ると嵐の前のような黒い雲と、
牧草の鮮やかな緑が桜の木を引き立ててくれているような感じですね。
どっとさんが言われるように岩手山が見えなくても、
ドキドキするような物語性や存在感たっぷりの
この木の魅力を改めて感じました♪
2010/05/10 22:52  | URL | budori #-[ 編集] ▲ top
- ほーーー -
こんなのはじめて見ました。見とれてしまいました。実物を見たい。いつかは・・・
2010/05/10 23:04  | URL | 路進 #-[ 編集] ▲ top
-  -
i-265 yukiさん、今晩は^^

ほんとは雄大な岩手山をバックにした孤高の一本桜の姿をお見せしたかったのですけど、
すでにご覧になったのなら勘弁してください~!(笑)
何となく結果オーライで、この一本桜の魅力が出ているような気もしています・・・(^^;

カメラマンはこの日はざっと70人くらいかなー・・・
それでも去年来たときは100人近くいましたからまだマシかもしれませんが(苦笑)
来年はカメラマンの写真も撮っておきますね(笑)
2010/05/10 23:05  | URL | budori #-[ 編集] ▲ top
-  -
i-265 big-13さん、今晩は^^

今年は鳥に食べられることもなく、キレイに花がつきましたねー!
牧草の緑も今年はすごくきれいでした。
この木の写真は皆さんが撮っておられるので、
何かひと工夫ほしいなーといつも悩んでしまいます・・・(´`)=3
今回は天気が悪かった分浮き上がって見え、
逆に一本桜の存在感が増したような気がしています♪
(結果オーライですが・・・)
2010/05/10 23:25  | URL | budori #-[ 編集] ▲ top
-  -
i-265 hiroさん、今晩は^^

今年は花付きが良くてキレイな一本桜でした。
この日の朝も天気が悪かったにもかかわらず、すごいカメラマンでしたー!
5~6年前は10人くらいしかいなかったのが、今は100人近くひしめいて・・・!!
星の一本桜も、車のライトを当てて見る人がたくさんいて、
最近は夜に写真撮るのは無理ですね・・・(泣)
2010/05/10 23:36  | URL | budori #-[ 編集] ▲ top
-  -
i-265 吉村さん、今晩は^^

“一本桜撮り”のベテランの吉村さんにそう言っていただけると嬉しいです^^
今回のようなシーンもなかなか撮れないので、
これも有りかなーなんて思っていますが、
岩手山をバックにした写真が撮れなかったのは少し心残りです・・・
また来年頑張らなくっちゃ、とは思いますけど、
あの人の多さには少し気力が萎えますねー(泣)
2010/05/10 23:45  | URL | budori #-[ 編集] ▲ top
-  -
i-265 路進さん、今晩は^^

なかなか日が照らず内心がっかりしてましたが、
しばらくして暗い牧野に浮かび上がった桜の姿は、
ほんとに神秘的というかドキドキするような美しさでしたよ!
この一本桜の魅力を改めて感じました。
路進さん、いつかと言わず、来年はぜひ来てくださいねー!♪
2010/05/10 23:54  | URL | budori #-[ 編集] ▲ top
-  -
これは快晴の時の一本桜よりも美しいです!
一本桜を撮った写真はたくさんありますが、新しいパターンですね!
さすがbudoriさんです(^_^)

うーん、一本桜も奥が深い…。
2010/05/12 22:13  | URL | fu-kuro #-[ 編集] ▲ top
-  -
i-265 fu-kuroさん、今晩は^^

うーん、怪我の功名ですね・・・(苦笑)
でも隣に偶然いたベテランの知人も、今日は岩手山が見えなくても
かえって良かったね、と言っていました。
あまりにもいつも皆同じ風景なので、
たまにはこういう風景も良かったナーと思っています♪
ほんとに一本桜は奥が深いっ!(^^)ニコ
2010/05/12 23:14  | URL | budori #-[ 編集] ▲ top
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://kazetohikarito.blog85.fc2.com/tb.php/115-e99e745d

| メイン |