森の中の秘沼
2009/08/16(Sun)
八幡平の蒸けの湯温泉から北に約30分。
山の地図に“森の中の秘沼”と記載されている沼、「長沼」があります。
その手前には「大谷地」という湿原が広がっており、
この日は大谷地のタチギボウシ、長沼のヒツジグサとコウホネを見るのが目的でした。
誰も訪れる人もなく、雨の湿原と静寂の湖面は、すでに秋の訪れを思わせました。

                               ※画像をクリックすると大きな画像が見られます。


  大谷地のタチギボウシ群落
2009.8.8大谷地、長沼 047(850)


  雨の滴とトンボと。ここはもう秋
2009.8.8大谷地、長沼 354(850)


2009.8.8大谷地、長沼 318(850)


  長沼の湖面に広がるヒツジグサ(白)とコウホネ(黄)
2009.8.8大谷地、長沼 080(850)


  ひっそりと湖面に浮かぶ
2009.8.8大谷地、長沼 103(850)


2009.8.8大谷地、長沼 123(850)


  長沼の北側の湖面には水草は全くみられません。秋は紅葉が見事です
2009.8.8大谷地、長沼 252(850)

 (09.8.8 八幡平 大谷地、長沼)


“秘沼”という割にはすっかり有名になってしまいましたが、この日は自分一人だけで、
景色を独占!という気持ちより、熊が出てこないか心配でした(怖)。
この日も雨が降ったりやんだり、蒸し暑く、おまけに身体中虫に刺されて悲惨でした(泣)。
でも、ここの素晴らしい風景は他には替え難いと改めて思いました。
  budori

この記事のURL | 湖沼 | CM(6) | TB(0) | ▲ top
<<ひまわり | メイン | いにしえを想う>>
コメント
- 大谷地 -
budoriさんお早うございます。
先週私も行ってきました。話しには聞いていたのですが、熊がでそうな雰囲気なので大谷地のギボウシを見て引き返してきました。
2009/08/17 06:51  | URL | hiro #-[ 編集] ▲ top
- 素敵ですね -
喧騒から離れた感じが伝わってきますねっ、
初めて見る花ばかり、やはり秘池ですよ。
コウホネ・・・ちょこんと水から出ていてほほえましいですね、
こんな景色を独り占めって素晴らしいですね、
熊・・・ですか! やっぱり秘池です。
2009/08/17 15:26  | URL | void #NJsiWxd2[ 編集] ▲ top
-  -
hiroさん、今晩は。ありがとうございます^^
サワギキョウが咲いているかな、と思っていたら、
意外にタチギボウシがまだ旬なのには驚きました。
ヒツジグサはいつもより多い気がしましたが、遠くにあるのが難点v-394
やっぱりボートに乗って漕ぎ出さないとダメかもしれませんね。
(そこまでやるか!?)
2009/08/17 19:51  | URL | budori #-[ 編集] ▲ top
-  -
voidさん、今晩は。ありがとうございます^^
5~6年前はホントに「森の中の秘沼」っていう感じがしましたけど、
数年前には立派な東屋が出来、今年は沼が見えやすいようにと樹木が伐採されていました。
う~む。観光地化されて来て残念な感じもします。
でも、撮影に夢中になっている最中にクマが出て来ないかとホントに心配になり、
早々に撮影を切り上げて帰りましたv-404

2009/08/17 20:08  | URL | budori #-[ 編集] ▲ top
-  -
今晩はbudoriさん。
タチギボウシもヒツジグサもコウホネも
たくさん咲いていて、とても美しい所ですね^^
4枚目の写真を見て「わ~凄い」と言ってました。
その場の静寂が伝わってくるようです。
「秘沼」を見るためには、色々な苦労が
あるのですね><(熊とか・・・)
2009/08/17 20:32  | URL | リイナナ #O.M/2zMI[ 編集] ▲ top
-  -
リイナナさん、今晩は。ありがとうございます^^
大谷地ではタチギボウシが終わると、ほぼ同じ場所で
サワギキョウ群落が続きます。
大谷地では、秋は池塘ができてヒツジグサの紅葉が美しいです。
まだ行かれたことがないのでしたら、おススメですよ。
長沼まで行くのなら、クマよけの鈴かラジオを持っていくと安心です・・・e-351


2009/08/17 22:23  | URL | budori #-[ 編集] ▲ top
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://kazetohikarito.blog85.fc2.com/tb.php/40-2db830fe

| メイン |